メルボルンコーヒー都市伝説

ミネの愛犬アロエちゃんの見送り

欧米や日本と違い、流行がないといわれるオーストラリア。

数ある個性的な都市の中でもさらに独自の文化をつくっているのが、おしゃれ都市メルボルンです。

スタバも撤退(観光地を除く)するほどマイペースに自分達の街を愛するメルボルンローカル、そこで経験したカルチャーショックをまとめました。

メルボルンコーヒー都市伝説

それくらい、メルボルンではカフェ文化が根付いています。

仕事中にコーヒーを買いに行くのが普通で、一日何度も同じ店に顔を出す常連さんも。

ローカルカフェが特別な空間になりがちな日本とは違い、オーストラリアではカフェが日常のスペースの一部です。

みんな本当にやる気ないらしい。

いつものコーヒーができるまで仕事しないで待ってる、なんて事も平気であります。

そのこだわりから「フラットホワイト」(お隣ニュージーランド発祥の説も)や「マジック」「ロングブラック」など、メルボルン独自のコーヒーメニューも生まれています。

そして今、その世界観は国を越え世界中に定着しはじめています。

慣れないとパッと見で決められないので、いつもメニューボードと睨めっこです。

店員さんにお勧めを聞いたりして、それも楽しい時間。

わかりやすさが全てではない事を学びました。(良コミュニケーションデザイン)

エスプレッソマシンを原産国まで持って行って、農家さんに提供している動画をみて感動しました。

農家さんはみんな満面の笑み。

サードウェーブシーンの本質はこういう所にあるなと感じました。

オージーは健全に生きてるなーという印象です。

平日きっちりで、週末は夜中まで遊びたおす。

(みんな家にあんまりいない)

実際バリスタとして店に立っていたときは、ミルクよりソイを頼む人の方が圧倒的に多かったです。

メルボルン犬伝説

基本的にメルボルンの犬たちは大らかでのんびり、フレンドリーです。

公園などリードフリーOKな場所が多いので、基本走り回っています。

その光景を見る度に、オージードッグは幸せやなーとしみじみ思います。

メルボルン(いわゆる)都市伝説

夜の公園はポッサムだらけ。

家の木にも、つがいポッサムが住んでいます。

大きいポッサムは性格が凶暴で、小さいポッサムは比較的おとなしいのだとか。

まじで、死活問題です。

レジの店員さんとかマジで適当です。(それでも特に気にはならない)

これは、2年前にオーストラリアをキャンピングカーで4000kmラウンドした時に聞いた話です。

オーストラリア・バイロンベイでのカルチャーショック

その時、サーファーの聖地のバイロンベイに寄ったのですが、物価が上昇しているためみんな隣町に異動し始めていました。

「住みにくい」という理由で作り上げたカルチャーをサラッと手放すあたりは、移民文化を象徴しているなと感じました。

(日本との大きな違い) 日本的感覚だと「そこでどう復興させるか」です。

オーストラリアは「新しくつくる」DIYの力がベーシックに浸透しています。

今の家は5年前に比べて約3倍の賃料になっています。

家の売買はその家でオークション形式で決まるそうなのですが、アジア系の投資家がすごい値段を提示するため住宅価格が高騰しているのだとか。

(良くある普通の家で1億が相場…)

とにかくみんな、電話してる。(色んな言語で)

スマホの料金形態が基本的に通話料フリーなのも大きいのかもしれません。

あとは、エリア毎に移民カルチャーがあるのでそれも影響していると思います。

道路はトラム優先です。

ゆっくり進むトラム、メルボルンに来たての頃は少しの移動なのにえらい時間かかるなーと思っていました。

それもそのはず、車よりゆっくり進む上に、よく考えたら信号で停まっている?という事に数ヶ月後に気づいたのでした。

車で30分の所、トラムでは1時間です。

トラム運転手に限らずバスも、ナッツやチョコレートを食べながら常連さんと会話しています。

とにかくよく話しかけられます。
こんな楽しそうに仕事ができるのって、日本じゃ考えられないです。

つぶやいたらまた更新します。

(2017/09/05メルボルンのコーヒーエコ文化について書きました)

メルボルン発祥のエコタンブラー《KeepCup》は安全な素材でつくられているのはもちろんの事、毎日つかいたくなる豊富なカラーバリエーションで、楽しくエコに貢献できる様にデザインされています。さらには、日常的に使うために衛生面を考えたシンプルな設計や、長く使う事を考えてリサイクル様にそれぞれのパーツ毎の販売までしています。

ニュースレター登録

サンプルロースト中のミネ

Mine Coffee ニュースレターに登録すると、ローカルカフェ情報をいち早くゲットできます。

バリスタ求人は到着次第、フレッシュに不定期配信中。

ビザサポート付きの求人や、各国のローカルカフェ求人など。ニュースレター限定でバリスタ求人情報を配信しています。すでにバリスタとして活躍している方だけでなく、なんとなくバリスタの世界に興味があるという方も。バリスタのリアルな世界を覗ける貴重なチャンスをお見逃しなく。

(送られて来たメール内のURLをクリックで、アドレス認証完了です)